社会に貢献できるカイロプラクター

徒手療法大学では、座学はネットラーニングのシステムを採用し、実技は月1回じっくり時間をかけて学んでいきます。全過程を修了するのに3年かかります。

 

月1回の実技で治療技術を学ぶことができるのか不安に感じる方もいらっしゃると思います。しかし、その心配には及びません。

私自身、カイロプラクターの指導・育成を20年近く行っていますが、これまで多くの受講生がカイロプラクターとして必要な知識と技術を身に着け、独立(開業)しているからです。

もちろん、彼らは日々患者さんの症状に真摯に向き合い、良い結果を出しています。

従って徒手療法大学の教育カリキュラムは、付け焼き刃的に作られているわけではありません。

確固たる経験と実績に基づいた現段階で考え得るベストのカリキュラムとなっています。

また、座学ではいかに実践に活かすかを念頭に講義が進められます。そして、実技では座学で得た知識をいかに実践に結び付けるかを念頭に学んでいきます。

多くのカイロプラクターが理論を実践に活かしきれていません。それは、それぞれを別々で学んでいるが故に起こる悲劇です。勤勉に努力することは大切です。

しかし、その方向性が間違っていたら、時間と労力の無駄となってしまいます。

徒手療法大学では、社会に貢献できるカイロプラクターの育成に注力しています。

 

徒手療法大学では生徒を募集中です。カイロプラクターになりたいという方はぜひお問い合わせください。
生徒募集中

お問い合わせフォームをお使いください。 電話、メール、ラインでもお問い合わせが可能です(メールにてお問い合わせの場合、こちらからの返信が届かないことがあります。24時間以内に返信がない場合、ラインにてお問い合わせください)。 ☎[…]