College of Manual Therapy

徒手療法大学

徒手療法大学の強み

  1. 理論と実践の融合に重点
  2. 結果の出せる施術家の養成
  3. 臨床歴25年以上の優秀な講師陣
  4. 海外での臨床実習
  5. オンラインと対面授業の併用

カイロプラクティックとは

カイロプラクティック療法は、人間が本来備えている

自己治癒能力(自己回復能力)を引き出させるのが、目的の一つです。

カイロプラクターが行っていることは、そのお手伝いをしているに過ぎません。

現在、アジアではカイロプラクティックを専門的に学べる大学はなく、

正式なカイロプラクティック教育を受けるためには、欧米諸国へ留学する必要があります。

また、日本国内では、カイロプラクティックの資格制度が確立されていないため、

正規に学んでいないカイロプラクティックによる健康被害が多数発生し、

社会問題として取り上げられています。

徒手療法大学とは

当校「徒手療法大学」は、ミャンマーを主要拠点に構えるカイロプラクター養成スクールです。

アメリカで10年、日本で15年以上の臨床経験を持つ講師が

「1からカイロプラティック教育を丁寧に学べる場の提供」

「患者さんの自己治癒能力を最大限に引き出すカイロプラクターの養成」

を教育理念として掲げ、2022年に新設しました。

 

徒手療法大学の3つの特長  

特長①:実践力のある技術習得

徒手療法大学では、カイロプラクターとしての必要知識の習得のみを目標とせず、

「実践力のある技術習得」に重きを置いています。

臨床経験が豊富な講師陣による講義は、知識と各症例をリンクさせながら説明しているため、

”生きたカイロプラクティック診療技術”の習得が可能です。

特長②:海外での臨床実習による自立支援

徒手療法大学では、在学中にミャンマーへのカイロプラクティック臨床実習を実施します。

異国の地で、カイロプラクターアシスタントとして実習に参加することで、

環境に左右されずに真のカイロプラクターとして活躍できること

在学中に実感していただけます。

特長③:開業後の手厚い各サポート

徒手療法大学では、当校卒業後に開業してからも永続的なサポートを行っています。

各症例に応じた診療アドバイスをSNSを通じて遠隔にてサポートしているため、

独立・開業後も安心です。

また、開業時に必要なWEBサイトの制作サポートも対応しております。

 

講師紹介

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

卒後教育受講者の声

榊原先生の施術をきっかけとして治療家になりました。先生の開講されるセミナーは、受講する度に学びが深く、治療家として、日々の診療の楽しさが増しています。

(神戸市・とくやま徒手療法研究所)

テキスト

テキスト
テキスト

入学に関するお問い合わせ

関わる患者様一人ひとりのお身体が、施術を通じて健康な状態を取り戻す様子は、

カイロプラクターとしての充実感と大きな幸せを感じられます。

貴台も、当校で学びませんか。